2013年07月01日

【尿酸値高いと睡眠障害になりやすい?】痛風に効く温泉宿のご紹介

誘導されている感じの研究発表。

単純にこういう事だと思うのですが…。
膨よかな人を調べたら、
⇒尿酸値が高い。
⇒睡眠時無呼吸。
⇒血糖値が高い。
⇒血圧が高い。

結果⇒原因、みたいな関係の中で、原因と原因を比較して喜んでいる感じ。

>将来的に,特に睡眠障害の治療を受けにくい地域の患者などを対象に,尿酸管理を…。
こうして又、医療関係者が儲かる仕組みを作っていく。


痛風の原因となる尿酸だが、この値が高いと睡眠障害の一つ、閉塞(へいそく)性睡眠時無呼吸症候群にもなりやすい可能性が、ブラジル・サンパウロ連邦大学精神生物学部のCamila Hirotsu氏らによって6月24日発行の米科学誌「PLoS One」(電子版)に報告された。
尿酸値が高いグループで、正常なグループよりも同症候群にかかっている割合が高かったという。


閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に一定時間呼吸が止まる病気。
熟睡できないため、夜中に何度も目覚めたり、昼間に強い眠気をもよおしたり、集中力が低下したりなどの症状が出る。

Hirotsu氏らは、ブラジル・サンパウロに住む1,021人(男性456人、女性565人、平均年齢42.5歳、平均BMI=肥満指数26.8)に対し、睡眠障害の検査(睡眠ポリグラフ検査)や血液検査などを行い、同症候群のグループ(症例群)とそうでないグループ(対照群)に分類。
症例群は339人、対照群は682人だった。

年齢や性別、BMI、血圧などの影響を除外して検討した結果、血液中の尿酸値は対照群と比べ症例群で統計学的に顕著に高かった。男女別では男性の方が高かった。


さらに、尿酸値が正常なグループと高いグループで比べたところ、睡眠時無呼吸症候群にかかっている割合は正常グループで29%だったのに対し、高尿酸値グループでは54%と統計学的に顕著に高いことが分かった。
このほか、高尿酸値グループでは、

AHI(1時間当たりの無呼吸と低呼吸の回数。5回以上で睡眠時無呼吸症候群)が多い
SPO2(血液中の酸素濃度)が低い
SPO2が低下してる時間が長い
―ことが認められたという。

以上のことについて、Hirotsu氏らは「尿酸値の上昇が、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症度と関連している可能性がある。
将来的に,特に睡眠障害の治療を受けにくい地域の患者などを対象に,尿酸管理を考慮すべきだろう」とコメントした。

体の中には「ATP」という物質があり、これが分解されることでエネルギーを発生する。
そのときの燃えかすが尿酸。閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、呼吸が止まることで血液中の酸素が不足し、呼吸を再開することで血液中の酸素濃度も戻るが、この繰り返しによって尿酸が過剰に発生すると考えられている。


あなたの健康百科【2013年07月01日 09:00】
 痛風だけじゃない! 尿酸値高いと睡眠障害になりやすい から


posted by スパ17号 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368012540

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。